>> 
Twitterページのカラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させるアドオン Fluid twitter layout 0.3 とユーザースタイル
 >> 
Twitterページのカラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させるアドオン Fluid twitter layout 0.3 とユーザースタイル

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterページのカラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させるアドオン Fluid twitter layout 0.3 とユーザースタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterページのカラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させるアドオン Fluid twitter layout 0.3 とユーザースタイルジョギングしてから筋トレを筋トレしてからジョギングに変えた管理人です。後者の方が効果が大きく感じます。


Twitter 公式ページの各カラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させる アドオンをインストールしました。

同様の機能をとても簡単なユーザースタイルでも実装する事ができるのでそのユーザースタイルも書きました。




Fluid twitter layout 0.3

Fluid twitter layout」は、Twitter 公式ページの各カラムを固定幅(px)から可変幅(%)にして、ブラウザサイズに合わせて表示 し、Twitter 公式ページを広く見やすくするアドオンです。

Fluid twitter layout :: Add-ons for Firefox

▼ Twitter 公式ページ

Twitterページのカラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させるアドオン Fluid twitter layout 0.3 とユーザースタイル





Twitter 公式ページの各カラムを可変幅にしてブラウザサイズに合わせて表示します

Twitterページのカラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させるアドオン Fluid twitter layout 0.3 とユーザースタイル

このアドオンをインストールするとブラウザに対して以下のように固定幅(px)から可変幅(%)に変えて表示します。
  • 左側のサイドバー?を 302px → 34%
  • 右側のタイムラインを 522px → 65%
  • 両方を包む要素を 837px → 90%
  • %の数値は変更不可
このアドオンの機能は Stylish にスタイルシートを記述しても実装する事ができます。




Stylish を使いスタイルシートで同様の機能を実装できます

Twitterページのカラム幅を可変幅(%)にしてブラウザサイズに合わせて表示させるアドオン Fluid twitter layout 0.3 とユーザースタイル

Fluid twitter layout」は、Twitter 公式ページの表示幅を変更させるだけなので Stylish を使い簡単なスタイルシートを記述するだけで同様の機能を実装できます。



Stylish をインストールして以下のユーザースタイルを記述すると可変幅のTwitterページを表示する事ができます。

Stylish :: Add-ons for Firefox
@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("twitter.com") {
.wrapper { width: 90% !important;}
.dashboard { width: 34% !important;}
.content-main { width: 65% !important;}
}




インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks