>> 
選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9
 >> 
選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9

このブログのファビコンを新しく作っている管理人です。


今回は、コンテキストメニューから Google翻訳 で翻訳し、テキストエリア内のテキストも翻訳し置換する事ができるアドオンをインストールしました。



gTranslate 0.9

gTranslate」は、閲覧中のWebページの選択テキストをコンテキストメニュー(右クリック)からGoogle翻訳を使用し翻訳する Firefox アドオンです。

gTranslate :: Add-ons for Firefox

コンテキストメニューから翻訳するアドオンは他にもありますが、テキストエリア内のテキストを翻訳し置換できるとこがお気に入りです。

以下、実際に使ってみた様子です。




選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9

インストール後に閲覧ページのテキストを選択してコンテキストメニューを開くと アイコンアイコン - gTranslate 0.9 の項目に翻訳されます。
上記の 赤枠 の部分をクリックすると新しいタブに Google翻訳 が開き "選択テキスト" が翻訳されます。

▼ 新しいタブにGoogle翻訳が開き、英語を日本語に翻訳した状態

選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9




テキストエリアでの翻訳、置換

選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9

テキストエリア内に入力したテキストを選択し翻訳することも可能です。
上記の 赤枠 の部分をクリックすると 選択テキスト と 翻訳 を置換します。


▼ テキストエリアで英語を日本語に置換した状態

選択テキストをコンテキストメニューからGoogle翻訳で翻訳し、テキストエリア内も翻訳できる gTranslate 0.9





設定

[ Firefoxボタン >> アドオン >> gTranslate >> 設定 ]

設定 - gTranslate 0.9

設定では、翻訳元と翻訳後の言語を設定できます。
翻訳元は 自動判別 で問題ないと思いますが、選択できる言語は以下の通り。

アフリカーンス語、アルバニア語、アラビア語、ベラルーシ語、ブルガリア語、カタロニア語、中国語(簡体字)、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、エストニア語、フィリピン語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、インドネシア語、アイルランド語、イタリア語、日本語、韓国語、ラトビア語、リトアニア語、マケドニア語、マレー語、マルタ語、ノルウェー語、ペルシャ語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スワヒリ語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語、ウェールズ語、イディッシュ語

- gTranslate :: Add-ons for Firefox -




インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks