>> 
Google翻訳で閲覧ページの選択テキストを翻訳して置き換える Google Translator for Firefox 2.1.0.1
 >> 
Google翻訳で閲覧ページの選択テキストを翻訳して置き換える Google Translator for Firefox 2.1.0.1

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google翻訳で閲覧ページの選択テキストを翻訳して置き換える Google Translator for Firefox 2.1.0.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google翻訳を使い閲覧ページの選択テキストを翻訳して置き換える Google Translator for Firefox 2.1.0.1

9月ですが、しばらく暑そうですね。
サッカー日本代表のW杯予選が楽しみな管理人です。
あっなでしこも


コンテキストメニューから「Google 翻訳」で閲覧ページの "選択テキスト" 置き換える事ができるアドオンをインストールしました。"ページ全体" も翻訳できます。




Google Translator for Firefox 2.1.0.1

Google Translator for Firefox」は、コンテキストメニュー や ツールバーアイコン Google Translator for Firefox 2.1.0.1 から、1クリックで「Google 翻訳」で閲覧ページの "選択テキスト" 置き換える事ができるアドオンです。"ページ全体" も翻訳できます。

Google Translator for Firefox :: Add-ons for Firefox

以下、実際に使ってみた様子です。



選択テキストの翻訳

Google Translator for Firefox 2.1.0.1

閲覧ページで任意のテキストを選択し、コンテキストメニューに追加された「このテキストをGoogle翻訳で翻訳」をクリックで翻訳されます。



Google Translator for Firefox 2.1.0.1

翻訳が選択テキストの場所に置き換えられます。



閲覧ページ全体の翻訳

Google Translator for Firefox 2.1.0.1

閲覧ページでコンテキストメニューに追加された「このページをGoogle翻訳で翻訳」をクリックすると新しいタブにGoogle翻訳でウェブページ翻訳されたページが開きます。




設定

[ Firefoxボタン >> アドオン >> Google Translator for Firefox >> 設定 ]

Google Translator for Firefox 2.1.0.1

設定では、以下の設定を変更することができます。
  • 翻訳後の言語
  • ツールバーアイコンをクリックした時の動作
  • "ツールバーアイコンをクリックした時の動作" のホットキー




インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks