>> 
WebページをショートカットキーからGoogle 翻訳を使い丸ごと翻訳する Translate This! 1.6.1
 >> 
WebページをショートカットキーからGoogle 翻訳を使い丸ごと翻訳する Translate This! 1.6.1

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WebページをショートカットキーからGoogle 翻訳を使い丸ごと翻訳する Translate This! 1.6.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WebページをショートカットキーからGoogle 翻訳を使い丸ごと翻訳する Translate This! 1.6.1

やっと一人でモンハンの全モンスターを討伐できた管理人です。

Google 翻訳」や「エキサイト 翻訳」などのオンライン翻訳サービス精度も年々向上している事もあり、それらを使い海外のWebサイトを部分的に翻訳したり、ページを丸ごと翻訳したりなどして自分の欲しい情報を探すこともあると思います。


今回は、オンライン翻訳サービスの「Google 翻訳」をショートカットキーから使用し閲覧中のWebページを丸ごと翻訳し、快適に海外サイトを閲覧できるアドオンをインストールしました。




Translate This! 1.6.1

Translate This!」は、ショートカットキーから Google翻訳 で閲覧中のWebページを丸ごと翻訳することができる Firefox アドオンです。

Translate This! :: Add-ons for Firefox

以下、実際に使ってみた様子です。



Translate This! 1.6.1

インストールするとアドオンバーに アイコンTranslate This! 1.6.1 が追加されます。"クリックかショートカットキー(Ctrl + Alt + T)" で新しいタブで翻訳を実行します。

但しデフォルトの設定では、翻訳言語が英語に設定されているので日本語に変更する必要があります。設定を変更するにはアドオンバーに追加されたアイコンを右クリックします。




設定

Translate This! 1.6.1

アドオンバーに追加されたアイコンを右クリックするとブラウザ画面に下記の設定画面が表示され、"翻訳する言語の設定""翻訳を開くページ""ショートカットキー" の設定を変更することができます。



翻訳する言語の設定

Translate This! 1.6.1

翻訳言語はデフォルトで en(英語) に設定されているので、翻訳したい言語に設定します。日本語の言語コードは ja

他の言語コードを確認したい場合は下記URLから参照。
Google Translate API JavaScript Reference - Google Translate API - Google Code



翻訳を開くページ

Translate This! 1.6.1

翻訳ページを開くタブを "新しいタブ"、"同じタブ" に開くか設定できます。



ショートカットキー

Translate This! 1.6.1

デフォルトで設定されている "Ctrl + Alt + T" を自分の使いやすいキーに変更できます。


Translate This! 1.6.1

設定ができたら「Save」をクリックして設定を保存します。設定を保存するとPC画面右下にガイドが表示されます。




インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks