>> 
Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4
 >> 
Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

今回は、閲覧中のWebページの文字列を選択するとその同じ文字列をハイライト表示し、その文字列がWebページ中にいくつあるか表示する Firefox アドオンです。




HighlightAll 1.4

HighlightAll」は、閲覧中のWebページの文字列を選択するとその同じ文字列をハイライト表示し、その文字列がWebページ中にいくつあるか表示する Firefox アドオンです。

HighlightAll :: Add-ons for Firefox

以下、実際に使ってみた様子です。




使用方法

HighlightAll の有効/無効

Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

インストール後にキーボードの 「F8」 を押して有効にして使用する事ができます。

有効にすると画面右側に「HighlightAll 有効」と表示され、無効にすると「HighlightAll 無効」と表示されます。



Webページの文字列を選択すると

Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

有効にしてから、閲覧中のWebページの文字列を選択するとその同じ文字列がハイライト表示されます。



Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

ステータスバーの左側には上記のようにWebページに含まれる選択文字列の数が表示されます。



Webページのソースでも使用できます

Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

閲覧中のWebページのソースでも使用できます。

  1. ページソースを開いて「HighlightAll」有効にします。
  2. ページソース内の文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示されます。



Webページの文字列を選択すると同じ文字列がハイライト表示される HighlightAll 1.4

ページソースでも、文字列の数です。(その下はカーソルの位置です Firefoxのデフォルトの機能です)




設定

[ ツール >> アドオン >> HighlightAll >> 設定 ]

HighlightAll 1.4

設定は日本語なのでとても簡単です。

HighlightAll」を常に有効にする事もできます。



Stop selection at ponctuation when double-clicking

HighlightAll 1.4

Firefox のデフォルトの機能として、アルファベットの文字列をダブルクリックで選択した場合、カンマやピリオドまで選択されてしまいますが、「Stop selection at ponctuation when double-clicking」 にチェックを入れるとカンマやピリオドを選択しなくなります。




インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks