>> 
Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4
 >> 
Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

少しブログテーマを変更中の管理人です。


今回は、印刷に関するアドオンをインストールしました。
Webサイトを印刷する際、内容だけ印刷したいのにサイドバーなどの余計な部分まで印刷されてしまう時があると思います。このアドオンを使用するとWebページの印刷に必要のない部分を取り除くことができます。




Print Edit 1.4

Print Edit」は、印刷プレビュー画面に「Edit(編集)」ボタンを追加し、印刷画面から必要のない箇所を取り除く事ができる Firefox アドオンです。

Print Edit :: Add-ons for Firefox

以下、実際に使ってみた様子です。




使用方法

このアドオンは Firefox の印刷プレビュー画面で使用できるアドオンです。
印刷プレビューは、メニューバー >> ファイル >> 印刷プレビュー
ショートカットキーは Alt + F + V で表示されます。



印刷プレビュー

Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

上記はこのブログを印刷プレビュー画面で表示しました。

メニューバー >> ファイル >> ページ設定 で「背景色と背景画像も印刷」のチェックを外してあります



Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

印刷プレビュー画面右上に「Edit(編集)」ボタンが追加されます。



Edit(編集)

Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

追加された「Edit(編集)」ボタンをクリックすると上記のように編集画面に切り替わります。



Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

編集画面では、印刷に必要ない箇所をブロック要素で選択できます。(リンクも選択できます)
マウスをブロック要素に重ねると 赤線 で囲われ、選択すると 赤い破線 で囲われます。
印刷に必要ない箇所の選択が終了したら編集画面上部のボタンで操作します。



Edit(編集)画面の操作ボタン

Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

  • Deselect - 全ての選択を解除します。
  • Format - 選択したブロック要素のCSSを解除します。
  • Hide - Webサイトの構造はそのままに選択したブロック要素を隠します。
  • Delete - 選択したブロック要素を排除します。
  • Hide All Except - 選択したブロック要素以外を全て隠します。
  • Delete All Except - 選択したブロック要素以外を全て削除します。
  • Undo - 操作を一つ前に戻します。
  • Undo All - 全ての操作を取り消します。
  • Preview - 印刷プレビュー画面に戻ります。
  • Close - 編集画面を閉じます。



Print Edit 1.4

印刷に必要のない箇所を削除して、Preview ボタンから印刷プレビュー画面に戻ると上記画像のようになります。



印刷

Webページの印刷に必要のない部分を取り除く Print Edit 1.4

プリントアウトすると必要な部分だけが印刷されました。重宝してます。




インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks