>> 
FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング
 >> 
FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

持病の腰痛が痛み出した、今日この頃・・・の管理人です。

私は、クリーンインストールを二ヶ月に一回ぐらいのペースで行うんですが、FEBEというバックアップアドオンがお気に入りです。

但し、FEBEだとアドオンを個別にバックアップするのでとても時間がかかってしまいます。
その時に活躍してくれるのが、CLEOです。




FEBE 5.0

使用方法

テストしながら、説明していきます。


FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

まずはC下に[ FEBE Test 08.03.22 ]というディレクトリを作成します。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

次にFEBEの設定でバックアップの保存先を[ FEBE Test 08.03.22 ]にします。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

あとは通常通り、FEBEでバックアップします。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

結果が出て、



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

[ FEBE Test 08.03.22 ]ディレクトリに保存されました。
ここまでは、FEBEでできる通常のバックアップ作業です。





CLEO

使用方法

[ ツール >> アドオン >> FEBE >> CLEO >> CLEOオプション ]

FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

[ FEBE Test 08.03.22 ]ディレクトリを設定します。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

ツール >> FEBE >> CLEO >> Create cleopack(C) をクリック



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

画像がデフォルトの状態です。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

まず、パッケージされたxpiファイルの名前を入れます。
今回はFEBE Testにしました。
次に追加から、先ほどバックアップしたアドオン(拡張機能)&テーマを選択します。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

[ 説明を自動作成 ]をクリックすると
画像の場所でパッケージされるアドオン(拡張機能)&テーマなどの説明を追加してくれます。
Create cleopackをクリックでパッケージ作業が始まります。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

パッケージが終了すると下記画像が表示されます。



FEBEでバックアップしたアドオン&テーマをCLEOでパッケージング

ディレクトリを確認してみると[ FEBE Test.xpi ]というファイルが作成されました。これで終了です。

あとは、このファイルを Firefox にインストールさせればOKです。



インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks