>> 
userChrome.js 気軽にインストール
 >> 
userChrome.js 気軽にインストール

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

userChrome.js 気軽にインストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

userChrome.js 気軽にインストール

userChrome.jsって?
Firefoxの拡張機能(アドオン)の一つの事ですが、他のアドオンと少し違うのが、ユーザーが作成したJavaScriptでFirefoxをカスタマイズするですかね?

簡単な機能であれば、userChrome.jsで代用できます。例:マウスジェスチャー

ただし、userChrome.jsで使用するユーザースクリプトは、通常の拡張機能(アドオン)のように自動更新等が行えないので、自分で管理する必要があります。

私はまだ経験がないのですが、悪意のあるスクリプトであれば、セキュリテイに重大な影響を与えることもあるので、JavaScriptがまったく分からない方は、インストールは少し待った方が良いかもしれません。




userChrome.js 0.8

userChrome.js のインストール

まず、「userChrome.js」をインストールを下記URLからインストールします。

[Ext] userChrome.js 0.8 • mozillaZine Forums



userChrome.js 気軽にインストール

インストールして再起動すると Firefox の "プロファイルフォルダ" に userChrome.js というファイルが作成されます。

※ プロファイルフォルダの場所については下記を参照して下さい。
プロファイル - Mozilla Firefox まとめサイト



userChrome.js という拡張機能(アドオン)は、プロファイルフォルダ以下にある userChrome.js に必要な JavaScript を記述して読み込みますが、幾つもの機能を1つのファイルに記述してしまうと管理しにくくなるので、サブスクリプトローダを用いるユーザーが多いです。



userChrome.js 気軽にインストール

プロファイルフォルダ以下にある userChrome.js をサブスクリプトローダで置き換えて、それぞれの JavaScript.uc.js/xulファイル などとして別に持つことが可能です。

サブスクリプトローダは Sub-Script/XUL Loader 以外にもなどいくつかありますが、今回は Sub-Script/XUL Loader を使用します。

[Ext] userChrome.js • mozillaZine Forums



userChrome.js 気軽にインストール

右クリックで対象をファイルに userChrome.js で保存し、そのファイルを開いて以下のようにスクリプトを付け足します。

if (location != "chrome://browser/content/browser.xul") throw "stop";

これで準備は終わりです。後はスクリプトを足していくだけです。
私は、スクリプトを「ScrapBook」「Tab Scope」で有名なGomita氏のWebサイトから入手しています。

SCRAPBLOG



userChrome.js 気軽にインストール

Gomita氏のWebサイトで紹介されているスクリプトをテキストエディタなどにコピペし、「任意のファイル名.uc.js」としてプロファイルフォルダ以下のchromeフォルダにUTF-8で保存してください。

私が、使用しているスクリプトは二つだけなんですが、軽量マウスジェスチャ(Windows/Linux対応)とMouse Wheelon Tab Barです。





このブログでも紹介したAll-in-One Gesturesは無効にしてあります。

他にご自身でいじりたい方はGomita氏のWebサイトでスクリプトを簡単にまとめていますので、そちらを参考にしてみると良いかと思います。

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks