>> 
閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できる Tabbed View Source 0.1
 >> 
閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できる Tabbed View Source 0.1

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できる Tabbed View Source 0.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できる Tabbed View Source 0.1ダンベルトレーニングを続けて筋肉が付いてきた管理人です。


今回は、閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できる Firefox アドオンの紹介です。

Tabbed View Source 0.1

Tabbed View Source」は、閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できる Firefox アドオンです。


以下、実際に使ってみた様子です。




閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できます

閲覧ページのソースコードの開く場所を選択できます - Tabbed View Source 0.1

Tabbed View Source」をインストール(再起動不要)して ソースコード を開いてみるとブラウザの 新しいタブ へ開くようになります。ソースコード の開く場所は設定で 同じタブ新しいタブ新しいウィンドウ から選択できます。

これによりページ内検索用のアドオン(Scrollbar Search Highlighter) などが ソースコード でも利用できるようになります。

このアドオンを利用して ソースコード を開く方法は以下の通りです。

  • キーボードショートカット [Ctrl + u]
  • コンテキスト(右クリック)メニュー >> Tabbed View Source

     - Tabbed View Source 0.1


コンテキスト(右クリック)メニュー >> ページのソースを表示ソースコード が通常通りに開きます




設定

[ Firefoxボタン >> アドオン >> Tabbed View Source >> 設定 ]

設定 - Tabbed View Source 0.1

設定では、ソースコード を開く場所を選択できます。


Tabbed View Source の設定
Name it, the man shall do what must be doneSame Tab
閲覧タブと同じタブに ソースコード を開きます。
New Tab
同じウィンドウの新しいタブへ ソースコード を開きます。
New Window

 - Tabbed View Source 0.1

新しいウィンドウの新しいタブへ ソースコード をひらきます。




インストールページ

関連記事
-0 comments
管理者にだけ表示を許可する
-0 trackbacks